スタッフBLOG

blog

「地方創生」空き家リフォーム1

2017年01月22日

今回は最近話題の地方創生にまつわるリフォームの話です。どうして、地方創生とリフォームなのかというと、空き家を地方創生に活用しようとしているからです。
もう少し詳しく話していきましょう。

まず、地方では大学進学や就職を機に、子どもが家から出て都会に住み着くようになった家庭が多くあります。その後、田舎の実家に残っていた両親が年を取り亡くなってしまうと、家は空き家状態になってしまいました。そして、空き家状態になった家は、誰も住まず荒れ果てていく一方で使い道がないかと思われていました。

しかし、今回の地方創生が始まると、田舎の各自治体は都会から移住者を呼ぼうと動き出しました。そこで移住者が住み着くための住居が必要となり、誰も住んでいない空き家が注目されてきました。

移住者を空き家に住んでもらうとしても、「荒れ果てた家に住んでください」ということはできないので、リフォームが必要になります。これが「地方創生」と「リフォーム」のつながりです。

次回からは、より具体的に地方移住者のための家づくりの話をしていきます。
あなたが地方に移住した場合、どのような家に住みたいですか。