スタッフBLOG

blog

そもそもユニットバスの定義を勘違いしていませんか?

2017年03月01日

突然ですが、「ユニットバス」と聞くとどんな浴室を思い浮かべますか?

多くの方が、お風呂とトイレが一緒になった浴室を思い浮かべると思います。
小さなワンルームマンションなどでしたら、見取り図でよくお風呂とトイレが一緒になった浴室を、ユニットバスと表しているのをよく見かけますよね。

実はユニットバスとは、お風呂とトイレが一緒になった浴室のことを指しているのではありません。
ユニットバスとは、周りの壁・天井・床が一体になっているお風呂のことを指します。

よく二点ユニットバスとか三点ユニットバスという言葉を聞くことがあると思いますが、お風呂と洗面台が一緒になっているものを二点ユニットバスと言います。
三点ユニットバスはお風呂と洗面台とトイレが一緒になっているもののことです。

外観や間取りは気に入っていても、「ユニットバスという表記を見ただけでその部屋は候補から外す」、という方もいらっしゃるかもしれませんが、それはもったいないですよね。
ユニットバスと書かれていても、お風呂、トイレ、洗面台が別になっているものがありますので、見取り図で確認してから、決めるようにしましょう。