スタッフBLOG

blog

ウォークインクローゼットのデメリットとは

2017年02月19日

ウォークインクローゼットに、憧れを持っている方も多いのではないでしょうか?
洋服関係の物をすべて収納でき、その中で服を合わせてみたりできると、なんだかおしゃれになった気にもなれますよね。

しかし収納スペースが増えるということは、その分の生活スペースが減っているということなので、収納スペースを作る時はその形等をしっかり検討するようにしたいものです。
そこで今回は、ウォークインクローゼットのデメリットについてご紹介いたします。

・余分なスペースが必要になる
ウォークインクローゼットは家によって違いはありますが、3畳~5畳程度の広さで作られます。
大きさだけを聞くと広くてたくさん収納できるように聞こえますが、実際は人が中に入って出し入れするスペースがいるので、その分の収納はできません。
ですので、思ったより収納できない…と感じる方もいらっしゃいます。

・湿気がたまりやすいこと
締め切った空間になるので、湿気がたまりやすいです。
窓を付けるのも良いですが、日が当たると洋服が日焼けしてしまいます。
たまに開けて風を通してあげたいですが、窓を付けるなら遮光カーテンが必要になるかもしれません。

いかがでしたか?
メリットとデメリットを知ったうえで、ご自分にピッタリの収納スペースを考えてみてください。