スタッフBLOG

blog

ガルバリウム鋼板って何?

2016年08月01日


今回は、屋根材の一つであるガルバリウム鋼板をご紹介します。

ガルバリウム鋼板はアルミニウムが55%、亜鉛が43.4%、シリコンが1.6%でできているアルミ亜鉛合金にメッキ加工を施した板です。

ガルバリウムはメンテナンスがほとんどいらないです。
20年から30年はもつとされているため、他の素材に比べて耐用年数が長いです。

ガルバリウムは加工がしやすいので、デザインが豊富です。
まるで日本瓦のような見た目のガルバリウム鋼板もあります。

また、ガルバリウム鋼板は金属だから錆びると思われがちですが実はそうでもありません。
しっかりとメッキ加工を施されているため、錆びにくく長持ちします。

また、金属で心配されがちな雨の音がうるさいという点がありますが、これに関しては石粒付ガルバリウムというものがあります。
ガルバリウムに石粒を吹き付けたもので、石粒が雨の音を吸収して抑えてくれるのです。


いかがでしたか?
ガルバリウム鋼板には上記のような利点がありますが、施工が難しいため腕のある職人に頼む必要があります。
その分費用も高くなりますので、十分検討してください。