スタッフBLOG

blog

ガレージを徹底検証(3)~その他

2019年02月22日

こんにちは、工藤工務店です。
3回にわたり、ガレージ(車庫)の様々な選択肢についてお伝えしておりますが、前回まではビルドインガレージの“メリット”と“デメリット”についてでした。
さて、3回目にあたる今回は、その他の選択肢についてお伝えします。

●屋外設置型ガレージ
ビルドインガレージと同様の機能を持たせたい場合、屋外設置型ガレージのようなものも選択肢の一つです。
車を雨風から守ることができますし、同じ敷地内に車があるという意味では安心感が得られます。
また、前回ビルドインガレージの“デメリット”としてお伝えした、1階の間取りの問題もなくなります。
しかし当然ながら、家とは別に車専用の敷地が台数分必要になってしまいます。
ですから、土地代が高く敷地面積が限られているような場合には、本来庭に使う分のスペースを削って、ガレージ用に確保する等の「折り合い」が必要になります。
これらの折り合いがつくようでしたら、屋外設置型ガレージでもインナーガレージに近い機能を得ることができますので検討してみてはいかがでしょうか。

●バルコニー等で工夫も
その他に、バルコニーデッキの下を駐車スペースにする等、バルコニーやポーチの作り方を工夫することで、車を雨風から守る方法も考えられます。
こちらも、屋外設置型ガレージ同様に、バルコニー分の敷地の確保が必要になります。

3回にわたり、ガレージについて様々な選択肢、メリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
ガレージをご検討の際は、まずご相談ください。