スタッフBLOG

blog

キッチンのレイアウト〜クローズドタイプ〜

2016年06月22日



キッチンの種類にはいろいろありますが、大きく分けてオープンタイプとクローズドタイプに分かれます。

このクローズドタイプとは、壁などによってキッチンとリビングダイニングが完全に仕切られたキッチンで、ダイニングからキッチンが見えない間取りで、独立型キッチンともよばれます。

料理をする際に気になる、においや煙などがリビングダイニングへ流れていくことがなく、キッチンが独立していることから料理に集中してとりくめるという利点があります。


また、来客があってもキッチンの中を見られることがないので、オープンキッチンのように常に片付いていないといけないということはありません。


壁で囲まれているので、収納が多くとれるのもメリットの一つです。
キッチンは物が多い場所でもあるので、収納が多いと作業効率がよくなります。

キッチンをプライベートな空間として利用したい人やキッチン周りによくあらわれる生活感を隠したい人にはお勧めのキッチンです。



一方で、小さな子供がいる場合目がとどかない、また作った料理を運ぶときダイニングへの動線が長いというデメリットもあることを覚えておきましょう。