スタッフBLOG

blog

キッチンのレイアウト〜セミオープンタイプ〜

2016年06月24日



キッチンにもさまざまなタイプがあり、ご家族の人数や間取りによって選ぶと使い勝手が良いものなります。

まず、セミオープンタイプとは、ダイニングやリビングと同じ部屋に調理場が設置されているタイプのものを言います。
カウンターなどで区切られているので、独立型とは異なり、部屋全体が明るく感じられます。


また、お客様が来られた時に、キッチンが丸見えにならないように壁を作ってリフォームをされることも多いです。

クローズ型とオープン型の良さを生かしているデザインとなり、使い勝手の良さがあり、
キッチンに移動することが多くても、料理をしながら会話が出来るため、コミュニケーションが取りやすいところが人気です。

お子様やペットの様子を遠くからでも見ながら作業を行うことが出来るので、安心な部分も評判が良いです。

さらに、スペースを有効活用することで、清潔感のあるキッチンを保つことが出来ます。


デメリットとしては、壁がないために臭いや煙が部屋中に充満してしまうと言うところがあげられます。


機能性の高さや料金、使いやすさを考慮して気に入ったキッチンにしましょう。