スタッフBLOG

blog

キッチンの形〜2列型〜

2016年06月20日


毎日利用するキッチンだからこそ、便利で機能性が高いものにしたいところです。


2列型とはセパレート型になっているキッチンで、シンクとコンロが別々に分けられ、その姿から2列型キッチンとも呼ばれています。

シンクとコンロのそれぞれの横に作業スペースを設けることが出来るところがポイントになります。

狭いキッチンだと擦れ違うことも難しいといったこともありますが、
このキッチンタイプは、広々としているので複数人で料理をしやすくなっています。


料理の効率が上がると共に、コミュニケーションがを取りやすいところもメリットになります。
オープンキッチンの開放感があり、料理をしていない時にも存在感があります。



デメリットな部分としては、コストと面積が多くかかるところが上げられます。

シンクで野菜を洗ってコンロに持って行くまでに水滴を零してしまったり、
コンロから鍋を移動させる時もそばに子供やペットがいないか確認を行ったりする必要があります。

このように、シンクとコンロが分かれているからこその不便さもあります。


コンロとシンクの位置にこだわりを持って作ると、使い勝手が良いキッチンになるため、検討して見てはいかがでしょうか。