スタッフBLOG

blog

キッチンの形〜L型〜

2016年06月12日


キッチンの種類のうち、L型キッチンとは形がLの字型になったキッチンのことで、一般的なI型キッチン夜も少し広いタイプのものです。

作業スペースがひろいため、収納スペースが多いのも特徴の一つです。

通常シンクとコンロを離して設置しますが、一列に並んだI型のキッチンに比べると移動距離が少なく、家事動線がスムーズになるというメリットがあります。

一方、キッチンのサイズにもよりますが、あまりコンロとシンクが離れすぎると、逆に使いにくいことにもなるので配置とサイズには注意が必要です。

二人以上で作業する場合も、邪魔にならず作業しやすい形のキッチンです。


しかし、気をつけなくてはならないポイントもいくつかあります。

L型キッチンのメリットとして、収納スペースが多いことがあげられましたが、コーナー部分がデットスペースになりやすいというデメリットがあります。

コーナー部分をうまく使えるようなアイデアの収納ユニットが各メーカーから提案されてはいますが、基本的にコーナー部分の一番奥はデッドスペースになりやすいといえます。


L型キッチンの特徴についてお分かりいただけたでしょうか。
作業スペースを広く取りたいという方にはおすすめのキッチンタイプです。