スタッフBLOG

blog

サイディングボードって何?

2016年07月20日


外壁にはいくつか種類がありますが、現在主流なのがサイディングです。

サイディング外壁とはモルタルなどの塗り壁とは違い、あらかじめできている板を貼り付けて壁にします。

窯業系、金属系、木質系、樹脂系などの種類があります。

窯業系が最も一般的なサイディングの種類です。
セメントと繊維質を混ぜて作られており硬いので、耐震性や耐火性に優れています。
デザインのバリエーションも多く、タイル調、石柄、木目調などたくさんのデザインがあります。

金属系は金属板を加工して作られています。
防水性、防音性が高いのが特徴です。
軽量ですのでリフォームでも取り入れやすいです。
木質系はその名の通り木でできています。
環境に優しく木独特の風合いがありますので見た目にも楽しめます。

樹脂系は塩化ビニル樹脂が主原料です。
耐久性、耐候性が高く、メンテナンスの必要もありませんが、あまり普及していないのが実情です。

サイディングは素材が均一ですので職人による品質のばらつきがあまりありません。
また、デザインも多くたくさんの中から選ぶことができるので自分の好みの外壁に仕上げることができます。