スタッフBLOG

blog

デッドスペースを有効活用しましょう

2016年09月16日

皆さんのお家にはデッドスペースはありますか。

デッドスペースとはお家の中で有効活用されていない空間のことを指しています。



「もっと収納があればいいのにな」と感じることも多いはずです。
収納の問題を解決するために、デッドスペースを活用することはとても有効的です。
そこで今回はそんなデッドスペースを有効活用する方法をご紹介いたします。



デッドスペースを活用していく上でとても重宝するのが、つっかえ棒です。

たとえばよくデッドスペースになってしまいがちな場所として、家具と家具の隙間が挙げられます。

ここにつっかえ棒を設置してあげると、洋服をかけられる収納場所に早変わりさせられます。



他にもトイレの天井につっかえ棒とワイヤーを設置することで、トイレットペーパーや、トイレの洗剤などを置くことができるようになります。



つっかえ棒をうまく活用することで、今まで見落としていたお家のデッドスペースが一気に収納場所へと早変わりします。



キッチンやトイレなど日々何気なく使っている場所にもデッドスペースは存在しているでしょう。

収納場所に困っている方は是非お家のデッドスペースを見つけ出して有効活用してみてください。