スタッフBLOG

blog

トラブルにあわないために

2017年04月12日

リフォームを行うときは、工事業者との間で何かとトラブルが発生しがちです。
トラブルにあわないためには、いくつかの注意点をしっかりと守ることが必要になります。

最も多いトラブルが費用面でのトラブルです。
工事が始まる前に合意した金額よりも高い費用を請求されたり、工事範囲が広がったため追加費用を求められるということがあります。
こういったトラブルを回避するためには、工事前に見積もりをしっかりとることを徹底し、その金額を超える費用は支払わないという意思表示をしておくべきです。
もし追加費用が発生するようであればそれは施工業者の責任であることを明確にするのです。

また、工期が延びて予定通りに入居できないというトラブルも散見されます。
工期に関するトラブルは、工事に入る前に工程表の提出を求めることで回避できます。
クライアントに工程表を提出することになれば、業者は余裕を持ったスケジュールを立てるからです。

リフォームでは様々なトラブルが発生します。
トラブルにあわないためにも、契約は必ず書面で行い、業者との間で相違がないことを確認しましょう。