スタッフBLOG

blog

プールに開閉可能な屋根を作るメリットとデメリット

2016年04月17日


夏はとても暑い季節ですので、プールに行きたくなりますよね。
屋内か屋外、どちらのプールが好きですか。

プールを作る時には、開閉可能な屋根を作っておくことです。

しかしプールに開閉可能な屋根を作る場合には、メリットとデメリットを考えてみなくてはなりません。

メリットとしては、天候によって室内にも室外にもできますので、天気予報を気にすることもなく遊びに集中することが出来寮になるでしょう。

夏は日差しの事時にせずに真っ黒に日焼けをしたいところですが、夏でも日焼けを気にする場合は屋根が閉めてあれば日焼けの事を気にしなくてもよくなります。

開閉式の屋根を作るデメリットとしては、費用が高くなることです。

そして開閉に時間がかかるという点もデメリットになると言えるでしょう。

プールで楽しく遊ぶためにも、メリットとデメリットのどちらを重視するかを考えなくてはなりません。

費用と便利さ、どちらを選びますか。