スタッフBLOG

blog

リフォームとリノベーションの違いって

2016年10月02日

近年リノベーションという言葉を聞くことが増えてきましたね。

リフォームと似た意味合いで使われていることが多いですが、両者の間には具体的にどんな違いがあるのでしょうか。
今回はそんなリフォームとリノベーションの違いについてご紹介いたします。



まずリフォームですが、一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。



これに対してリノベーションは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。



リフォームとリノベーションの線引きはかなり曖昧になりつつあるようですが、大きく違う点としては「工事の規模」が挙げられます。

リノベーションには、比較的大規模の工事、例えば水道管や冷暖房の設備変更などが分類される場合が多いです。



なので、費用的にもリフォームよりもリノベーションの方が高くかかってくる場合が多いようです。



また、住まいの性能に関してもこの二つには違いがあり、新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類され、一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されるようです。