スタッフBLOG

blog

リフォーム時のトラブル〜アフター編〜

2017年04月10日

​リフォームを行うことで、より家が美しくなり、快適に過ごすことができるようになります。

ただ、信頼できる工事業者を選ばなければ、リフォームをした後でトラブルになることもあります。
リフォーム後のトラブルで多いのが、リフォームをした後に気になるところや欠陥だと判断できる部分を見つけてしまった場合です。

施工した業者に相談しても、やり直しをする必要があると判断したものの、無料で行うのではなく、やり直し工事で追加料金を取らることもあります。
リフォーム工事を契約するときに保障に入っていなかったことから、やり直し工事は実費を負担するように言われる場合があります。

また保障に入っていた場合でも、工事後の不具合に対応してくれない場合もあります。
保障に入っていた場合は、リフォーム工事が終わってからある程度の期間の修理は、無料で行うことになっています。
そのため、業者側が修理の負担をしなければならないので、色々と言い訳をして、なかなか工事後の不具合に対応してくれない場合があります。

トラブルが起こらないように、契約時に保障の有無を確認し、不具合が起きたときの対処法もあらかじめ聞いておくようにします。