スタッフBLOG

blog

リフォーム~バリアフリー編~

2017年01月16日

みなさんは、バリアフリーという言葉をご存知ですか。バリアフリーとは、障障者
が生活するうえで、障害となる物理的・精神的壁を取り除こうという考え方です。

特に、人間はいつ障害者になるかわかりません。先天性の方以外にも、後天性の方や事故を起こして障害者になってしまう方もおり、いつ誰が障害者になるかわからないのが怖いところです。障害者になってから、家のつくりを変えては時間がかかりますし、お金もかかります。それなら、最初からバリアフリーの対策のある家に住んだほうがいいですよね。
また、障害者にならずとも、年を取り老人になれば身体能力が低下するのでバリアフリーの家に住んでいたほうが身体に負担をかけなくて済みます。

では、具体的なバリアフリーなのですが、階段をスロープにするといったようなことだけでなく、コンセントの差込口の位置を高く設計し、あまり腰を曲げずにもコンセントをさせるようにすることがなども大切です。

バリアフリーの家を作るといっても、段差をなくしたり、手すりを付けたりして完成ではありせん。日常の生活動線からの部屋の配置やスイッチやコンセント等の配線のまで行わなければなりません。

自分が年老いたことを考えて、早めにリフォームしておきましょう。