スタッフBLOG

blog

一戸建てのセキュリティ対策は何をするべき?

2016年07月26日


一戸建てに住むなら、防犯性を考えた家に暮らすことが大切です。


今回は、一戸建ての防犯対策をご紹介します。

一つ目は窓です。
住宅侵入被害の約40%が窓を破っての侵入です。(2014年警視庁調べ)

したがって、窓の防犯性を高めましょう。

防犯ガラスを取り付けるのが最も効果的ですが、後から防犯フィルムを貼るだけでも十分です。

二つ目は戸締りです。
戸締りなんて当たり前だと思われるかもしれませんが、見落としがちなのがトイレやお風呂などに使われている格子窓です。
柵が付いているから安全だと思われがちな格子ですが、ドライバーを使えば一瞬で取り外せるものもあり、危険です。

また、玄関の鍵は2つ以上取り付けましょう。侵入者は少しでも手間取ると焦って諦めやすいのです。
少しの外出でも施錠を徹底しましょう。

三つ目は家の周りです。
家の周りに隠れやすい場所はないかチェックしてください。
侵入者は隠れやすい場所に潜んで中の様子を伺います。
人通りが少ない場所も危険です。

そのような場合には、センサーライトや防犯カメラの設置がおすすめです。


家はいつ狙われるか分かりません。
防犯対策をしっかりとしてセキュリティを高めましょう。