スタッフBLOG

blog

中古物件メリット

2019年03月01日

こんにちは、工藤工務店です。
憧れのマイホーム購入を検討する際、新築という選択肢だけでなく、
中古物件を購入し、リフォーム・リノベーションするという選択肢もあります。
もちろん弊社にも、中古住宅の調査段階からご相談いただき、リフォーム・リノベーションまで総合的にご提案させていただく機会が多々ございます。
そこで、今回から2回にわたり、中古物件購入のメリットとデメリットについてお伝えしたいと思います。

【中古住宅購入のメリット】

◎費用を抑えられる
最初にあげられる魅力の一つは、価格ではないでしょうか。
新築物件と比較した場合、同じ条件・広さでも、ぐっと安く手に入れることができます。

◎実物を見ることができる
新築物件の場合、間取り図・パース図だけでは建てる家をイメージするのが難しいケースもあるのではないでしょうか。
しかし中古物件の場合は、既に建っていますから、実際に中に入って、雰囲気や日当たり・風通し、間取り等、ご自身の目で確認することができます。
その上で、現状では使いにくい箇所をリフォーム・リノベーションするか否かといいう点を検討できるのも魅力の一つです。
リフォーム・リノベーションのご相談については、私たちがしっかりサポート致します!

◎周辺環境やコミュニティがわかりやすい
中古物件の場合、周辺の環境や、ご近所やお隣りにどのような方が住んでいるのかということを、購入前に知ることができます。

◎立地条件
駅の近くや利便性の高い人気エリア等、新築用の土地がない場所でも、中古物件であれば見つかる可能性が高く、立地条件に恵まれているケースが多いです。
また、ニュータウン等、新たに開拓中の土地と比較して、コミュニティが成熟し、暮らしやすい街であると言えるのではないでしょうか。

以上が中古物件のメリットです。
次回は中古物件のデメリットについてお伝えします。