スタッフBLOG

blog

二世帯住宅のデメリット

2016年11月13日

今回は前回の続きで二世帯住宅のデメリットについてお話していこうと思います。

二世帯住宅のデメリットはまず、同居するために生活習慣の違いになれる必要があるということです。

ご老人など、全く生活習慣が異なる方と生活するとストレスを感じてしまう事があります。

また、介護や子育てをしているとストレスが余計に溜まりやすく、大きな悩みの種になってしまいます。

せっかくの同居で楽しくない生活だともったいないですよね。

プライベートを充実させるためにも同居する前から文化や習慣の違いについてある程度解消しておくことが大切です。

そして、もう一つのデメリットはプライバシーの確保です。

どうしても同居していると、プライバシーが守られないことがよくあります。

そうするとストレスのもとになってしまいます。

プライバシーの確保は生活する上で必要最低限一致させておく必要があります。

価値観や常識の違いは個人なら仕方ないことです。

ひとりで抱え込まず、まずは相談してみることが必要です。

いかがでしたでしょうか?

今二世帯住宅を考えている方は一度価値観や常識の一致を図ることが大切です。

楽しい二世帯住宅ライフを過ごすために十分理解しておきましょう。