スタッフBLOG

blog

付加価値型中古再販

2017年02月15日

​みなさんは、「付加価値型中古再販」という言葉を知っていますか。読んで字のごとく、中古のモノに付加価値をつけて売るというものです。住宅市場でも中古物件を買って、付加価値をつけ売りに出すというビジネスがあります。
 
そのままでは買い手が見つからないような中古物件を安く買い、リフォームして高く売るという手法で、不動産屋さんがよくやっています。
 
これは、不動産に限らず、自動車・バイクの部品などでも見られます。いらなくなった部品をもらってきて、分解し、磨いてから、ネットオークションで売るといったようなことです。
 
機械部品の場合はお小遣い稼ぎですが、不動産となると資産運用ですね。家のリフォームになんて興味なくても、お金稼ぎとなると興味が沸いてくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。もし、お金に余裕があって資産運用で不動産にも手を出してみたいという方は「付加価値型中古再販」のこともご検討ください。
 
中古マンションに入居を検討する際、壁紙や床の材質を見るという方は結構いらっしゃいますで、そのような細部をリフォームするだけでも価値は変わってきます。
 
中古マンションや戸建ての再販の場合は、リフォームして付加価値をつけることもご検討ください。