スタッフBLOG

blog

冬場はヒートショックにお気をつけ下さい

2016年03月16日


ヒートショックをご存知ですか?
ヒートショックとは温度差によって身体に悪影響が引き起こされるもので、高齢の方に多く起こっています。

気密性の高い現代の家の中では、ヒートショックが起こりやすくなっているのです。
暖房がきいて暖かいリビングと、ドアを1枚隔てた廊下の温度差も大きくなっていますよね。

急激に変化した温度に対応するために血圧が大きく上下してしまい、湿疹や心筋梗塞、脳梗塞を起こしやすくなってしまうのです。

家庭内で高齢者の方が亡くなる原因として、ヒートショックは毎年上位ですが、病死と判断されているケースも少なくありません。
実際のヒートショックでの死者は、発表されている数字よりももっと多いと言われています。

ヒートショックが起こりやすいのは冬場の空気で冷え込んだトイレや浴室、洗面所など、暖かいリビングなどとの温度差が大きな場所です。
ヒートショック対策としてはトイレや浴室に暖房を設置し、なるべく温度差が起きないようにすることです。

家全体が温かいことに越したことはありませんが、それが難しければ一番温度差が起きやすくなるトイレや浴室だけでも暖房を設置するようにしましょう。