スタッフBLOG

blog

和室を洋室にリフォーム!

2019年03月19日

こんにちは、工藤工務店です。
さて今回は、和室を洋室にするリフォームについてお伝えします。

和室を洋室にリフォームされる理由は、お客様によって様々ですが、
その理由の一例として、「老後の生活を考え、1階メインで生活できるようにしたい」というケースもあります。

例えば、一戸建てで、1階にリビング・キッチン・風呂・トイレ・和室(客間)があって、2階に寝室・子ども部屋があるようなお宅の場合、眠るためだけに2階に上がらなくてはなりません。

子どもが独立し、夫婦二人の生活になり、足腰も少し弱りはじめた…
2階に行くのがおっくうになった…
今まで客間にしていた1階の和室を洋室にしてベッドを入れ、
寝室として使えるようにできたら老後も安心だ…
とお考えになるケースも多いようです。

上のようなケースですと、1階に寝室があれば、生活のほとんどを1階のみで済ませることができるようになり、眠るためだけに2階に上がることから解放されます。
また、洋室にリフォームしてベッドを入れることで、ご高齢になってからも、寝起きがとても楽になります。

和室を洋室にするリフォームでは、リビングなど他のお部屋の雰囲気に合わせて、フローリングや壁紙の色・素材・カーテンやブラインド・照明・ドア等、トータルにコーディネートが可能です。
加えて、収納も大切なポイントではないでしょうか。
今回取り上げた例のように「老後の生活を考えて、1階メインの生活を」とお考えの場合、これまで2階に収納していた洋服なども、1階に収納できるようになれば理想的です。
寝室を1階に確保できても、衣類だけ2階に取りに行くのでは生活導線が乱れます。
全ては無理でも、せめてワンシーズン分の衣類ぐらいは、1階の寝室周辺に収納できるよう、大型クローゼットや壁面収納などについても併せてご検討いただければ、より快適な生活に繋がるのではないでしょうか。

リフォームをご検討の際は、ぜひご相談ください。