スタッフBLOG

blog

地元の工務店でローコスト住宅を建てるメリット

2016年04月07日


ローコスト住宅というと、一部の大手住宅メーカーだけが販売しているイメージがありませんか?

しかし、地元の工務店でもローコストの住宅を造ることができます。
地元工務店が建てるローコスト住宅のメリットとしては、低予算で自分の望む条件が反映されているかを確かめたうえで、建てることができる点が挙げられます。

大手住宅メーカーのローコスト住宅は、仕様や規格が決まっていて、建て主が選択できる範囲が狭い傾向にあります。

地元工務店が建てるローコスト住宅は一品生産であるために、建て主の希望する内容が盛り込みやすい利点があります。

例えば、IHクッキングヒーターやオール電化に対応することや、システムキッチンの設置なども可能です。

基本的に地元工務店が建てる住宅は、大手住宅メーカーが建てる住宅と比べて安い傾向があります。

会社の規模が小さいために、経費が安く抑えられることが理由の一つになっています。
さらに、地元工務店では建て主の意向を自由な発想で形にする技を持っています。
そのことにより、必要な部分に十分お金をかけ、不必要な部分にはお金をかけないことによるローコスト化を実現しています。

いかがでしたか?
ローコスト住宅を建てたいと思ったときは、地元の工務店にも相談してみてくださいね。