スタッフBLOG

blog

壁紙クロス張り替えの目安

2016年11月03日

壁紙クロスの張り替えは一般的に5~10年が目安だと言われています。
ご家庭の壁紙クロスは今何年かご存知でしょうか?
壁紙クロスを張り替えるかどうかは、年数だけでなく症状を見て判断することもできます。

今回は、壁紙クロス張り替えの目安になる症状をご紹介していきます。

まずは汚れです。
ペットがいるご家庭や、喫煙者がいるご家庭は特に汚れが目立ちやすいでしょう。
壁の継ぎ目部分や隅に汚れが目立ってきたら、張り替えを検討して良いでしょう。

次はカビです。
カビは湿気を好みますので、カビが発生するということは壁紙クロスに湿気が溜まっているということなのです。
壁紙クロスの防水性が低下していることが分かります。
特にキッチンや洗面台など、水回りの壁紙クロスは他の部屋よりも防水性が低下しやすいので注意して見ておいてください。

この他にも、壁紙クロスがよれていたり、剥がれてきたりしたら要注意です。

いかがでしたか?
壁紙クロスぐらいと甘く見ていてはいけません。
例えば他のリフォームのついでや、家具を新しくするときなど何かのついででも構いませんので、壁紙クロスの様子をチェックしてみてください。