スタッフBLOG

blog

外壁塗装はなぜ必要なの?

2016年03月22日


1度塗装をしてから一定の年数が経過したら、改めて外壁塗装をしましょうと言われていますよね。
しかし外壁塗装はなぜ必要なのでしょうか。


外壁塗装が必要である主な理由としては、一つ目は外壁の美観を保つためです。
外壁は一年中雨風にさらされていますので、ホコリが付着したり、雨水のシミがついたりして、少しずつ汚れがたまっていきます。

ですので、塗装し直すことで、きれいな外観を取り戻すことができるのです。


そして、二つ目は外壁の性能を維持するためです。
「まだ充分きれいだから、塗装の必要はないのではないか」と思うかもしれませんが、塗装は少しずつ劣化していきます。

長い年月が経過して、塗装が薄くなったりはがれたりすると、その部分から雨水が入りこんで、カビの原因になったり、家の壁を傷めることになります。

その結果、家の外壁のみならず、家の土台部分を傷めてしまうことにつながります。
家全体の修理にはかなりの費用が必要になります。

しかし、定期的に外壁塗装をしておくことで、家を守ることができます。
つまり、外壁塗装のリフォームをすることが、結論的に言うと余計な工事費を使わずに済むので、経済的にも家を守ることにつながるのです。

外壁塗装の塗り替え時期の目安は、塗料によっても違いますが、10年~15年前後となっていますよ。
見た目に劣化していなくても、一度業者にチェックしてもらいましょう。