スタッフBLOG

blog

折れ戸のメリット・デメリット

2017年03月09日

折れ戸とは、開くときに扉がたたまれるような形状の扉のことです。
今回は、この折れ戸のメリット・デメリットについてご紹介します。

折れ戸を導入するメリットは、まず扉をたたむことで開閉が簡単にできるようになっている。というところがあります。
そのため小さなお子様でも簡単に利用する事ができるようになっています。開閉するために必要なスペースも小さくなっているため、引き戸ほどのスペースがいらないという特徴があります。
このため間取りが狭い空間でも、手軽に利用する事ができるというところが、折れ戸の魅力となっています。

ただ、デメリットとして挙げられているのが事故です。
簡単に開閉する事ができるというところや、開閉の際に扉同士が接触するようになっている、という仕組みから、手をはさんでしまう事故が起きる可能性があります。
特に小さなお子様の場合や、勢いよく開閉した場合には、指や手を挟んでしまうということが想定されるため、導入する際には事故に注意する事が大切となります。
また開閉の頻度が高いと、金具が破損してしまったり、扉そのものが壊れてしまうという事もあるので、開閉の際には無理に行わないように注意していただきたいです。

いかがでしたか?
珍しい折れ戸も、メリット・デメリットを踏まえて導入を検討したいですね。