スタッフBLOG

blog

明るい注文住宅を作ろう!明るい家にするためには?

2017年05月16日

注文住宅を建てるなら、日の光が注ぐ明るい家にしたいと考えている人も多いはずです。設計士に明るい家にしたいと依頼すれば実現してくれますが、建て主が自分でどのような家にしたいのかをイメージしておくと、より理想に近い家を建てることが出来ます。

まず考えなければならないことが間取りです。日の光が注ぐ家にするためには間取りが重要で、利便性だけでなく太陽の動きを考えて部屋を配置することが求められます。日光を多く取り入れたいリビングは南向きには位置することを中心として、生活空間と時間による太陽の動きを一致させることでより明るい家になります。逆に、利便性だけを求めると日光を取り入れられず、天窓などを設けたとしても暗い家になってしまいます。

また、太陽の光が注ぎ込んだとしても、部屋の中が暗い色で覆われていると明るい家にはなりません。壁紙やカーテンは明るい色を基調として統一することを意識しましょう。最近の流行でもあるモノトーンは明るい家には向きませんが、どうしても導入したい場合はトイレなどの一部分に限定するべきです。