スタッフBLOG

blog

窓のサッシの素材選び〜樹脂編〜

2017年03月19日

住まいを外部環境から保護しててくれるサッシですが、多くの方はサッシといえばアルミ製のものを連想される方と思います。

しかし、近年日本では、樹脂製のサッシの普及が進んでいることをご存知でしょうか?
今回は、この樹脂サッシについて、詳しくご紹介したいと思います。

樹脂サッシの特徴は、何と言ってもその耐熱性にあります。
熱伝導率が低く、耐熱性に優れているため結露が生じにくいので、家を結露のダメージから守ってくれるのは、大きな魅力です。
ちなみにアルミに比べると、樹脂の熱伝導率は1000分の1程度であると言われています。
また、樹脂サッシは気密性も高いため、すきま風や冷気が家の中に侵入することを防いでくれる効果も、期待することができます。
このような特徴のある樹脂サッシは、寒い地域ので需要が増えてきています。加えて最近では耐火性も向上したこともあり、地域に関係なく利用される方が増加傾向にあるアイテムということができます。

結露などの住まいのトラブルで悩んでいる方は、見慣れたアルミ製のサッシから、樹脂製のサッシへの変更を、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。