スタッフBLOG

blog

自然素材〜羊毛断熱編

2016年05月25日

シックハウス症候群に悩まされている人は多く、家の中にいるだけで頭痛や吐き気、めまいなどの症状が起こるので、住むことが出来なくなり、せっかく手に入れた住宅を手放さざるを得ない家庭もあるようです。


長期で住宅ローンを組んで手に入れたにもかかわらず、そんな目に遭うと大変なので、これから購入するつもりなら、羊毛断熱材を使用した家を建てることがおすすめです。

羊毛断熱材というのは、天然繊維である羊毛を使用して製造された断熱材のことで、綿やポリエステルのような可燃性の繊維に比べると、熱に強いのが特徴です。

この繊維は衣服にも用いられているもので、水分を吸収しやすいため、湿度を一定に保つ効果が高く、防湿シートを設置する必要がない場合もあるので、羊毛断熱材を使えばコストダウンが図れます。


天然素材から作られていることから、羊毛断熱材はエコでシックハウス対策に有効なうえ、結露やダニやカビの発生を防ぐことが出来るので、子供がおられる家庭におすすめです。

暖房器具を使わなくても室温を快適に保てるので、光熱費の節約にもなります。