スタッフBLOG

blog

色によって部屋を広く見せることができる!?

2016年04月03日


お部屋の広さは数字的な広さだけで比較できません。
人がどう感じるかに大きく左右されるところがあります。

例えば、お部屋の色です。
最近は壁紙もいろいろなものが出ており、壁材も多種多様です。
しかし同じ部屋でも色が違うだけで、そこに感じる開放感や圧迫感はまったく違ってきます。

壁を明るい色にすれば、とても開放的な印象になりますよね。

そこで、部屋を広く見せるための色使いとして、部屋を白色に統一するという方法があります。
壁だけでなくカーテンや家具なども部屋の大きな面積を占めるものも、白系の色で統一しましょう。

圧迫感がなくなり広く感じますし、白は外からの光を反射するので、部屋が明るくなります。
クッションなど小さな小物でさし色を加えて、全体にまとまりを出すとおしゃれな部屋に仕上がりますよ。

また、省エネ性の高さから近年、外断熱が注目されてきています。
外断熱は、家を外側からすっぽりと覆うように断熱することで、コンクリートなどの温度の上がり下がりを抑え、結露を防ぎ、家全体の温度差をなくすものです。
家の中に温度差がないので広い空間を確保することが可能ですが、色づかいと合わせて大空間を演出することができますよ。