スタッフBLOG

blog

薪ストーブのデメリット

2016年09月14日

昔ながらの雰囲気を味わえたり、インテリアとしても使えたりとその機能性に近年注目の集まってきている薪ストーブですが、デメリットも少なからず存在しています。



まず一番肝心であるのが、薪の調達です。

薪を調達するつてがない場合ですと、どうしてもどこかで購入する必要が出てきます。

そうなるとコストパフォーマンスが悪くなってしまうのが欠点です。

薪ストーブに使う薪は意外と高価なものであるので、調達ルートをしっかりと確保することはかなり大切になってきます。



また、温まるまでに薪ストーブは時間がかなりかかってしまうところも不便な点です。

特に時間がないときの寒い冬の朝には薪ストーブだととても時間がかかってしまうので、どちらかというと夜に使う方が適しているといえるでしょう。



他にもお手入れが面倒なところもあります。

家の中で薪を燃やすわけですから、いろんな所に煤(すす)がたまり、掃除が必要になります。

また部屋の中だけでなく、外の排気口や煙突内に煤(すす)がたまるため、定期的に掃除をしなければなりません。



薪ストーブはまだまだ馴染みの薄いものなので、デメリットもしっかりと理解することが大切ですね。