スタッフBLOG

blog

高断熱住宅のメリット

2016年05月21日

高断熱住宅の良いところを上げるとすれば、一番に夏は涼しく、冬は暖かいという、気候の変化に左右されない快適な気温を保てる家であるという点なのではないでしょうか。



夏の暑さによる家の中での熱中症問題は、近年社会的な問題にもなっているところですし、厳寒の地では冬の寒さによる凍死も看過されない問題でしょう。


しかし、高性能な高断熱住宅が建てられれば、その両方の問題が一挙に解決するのですから、高断熱住宅の価値には大変に高いものがあります。

また、住宅内の気温の差が小さくなるだけではなく、結露の発生を防ぐので、カビが生えることも、ダニが発生することも抑えられるのです。


更には、内部に外気温の与える影響が少ないことから、冷暖房効率があがるために、エアコンなどの電力量を非常に多く使う器具をフル回転させて使う必要もありません。

そのため、今までのように冷たくしたり、温めたりした室内の空気が外に漏れだしてしまうこともなく、光熱費が抑えられるので、経済的ですし、CO2などの排出量も少なくできるので、地球にも優しい住宅だといえます。