スタッフBLOG

blog

IHクッキングヒーターのデメリット

2016年08月15日


前回、IHクッキングヒーターのメリットをお伝えしました。今回はデメリットをご紹介します。

1つ目は使える鍋やフライパンが制限されるということです。
IHクッキングヒーターは電磁線に電気を通すことで熱を発する仕組みです。

電磁線を通すには調理器具の底が平らでなければならず、素材によっても使えるものも使えないものがありますので、IH専用の調理器具を購入するべきでしょう。

今までガスコンロを使っていた場合、IH専用の調理器具を新しく買い直すとなればそれなりの費用がかかります。また土鍋やガラス製の調理器具は使えません。このように、IHクッキングヒーターは調理器具が限られているのです。

2つ目は導入費用が高いことです。
導入費用の他に、IH専用の調理器具を買うのにも費用がかかりますので、IHクッキングヒーターを導入するにはトータルして費用がかかってしまうでしょう。

3つ目は火を直接使わないことです。
これは火災の危険性が低いというメリットでもご紹介しましたが、火を使わないことは教育に良くないのではないかという意見があります。子どもが小さい頃から身近に火がない環境で生活していると、火の恐ろしさが分からないまま育ってしまう恐れがあるというのです。

IHクッキングヒーターはメリット・デメリットをしっかり考えた上で導入しましょう。