スタッフBLOG

blog

ウォークインクローゼットのメリット

2019年06月17日

こんにちは、工藤工務店です。
新築でもリノベーションでも、多くのお客様が「収納」を重視しておられます。
最近では、収納にウォークインクローゼットを希望される方も増えていますが、
間取りや用途によって、気を付けなければならない点も多々あります。
そこで2回にわたり、ウォークインクローゼットについて解説していきたいと思います。
今回はウォークインクローゼットの“メリット”についてです。


●ウォークインクローゼットとは
ウォークインクローゼットとは、人が中に入って使用できる広さのある収納スペースです。


●ウォークインクローゼットのメリット
【大きなものもOK】
大きなトランクや、一般的なクローゼットには収まらないような奥行きのある収納ケースでも収納が可能です。


【着替えもOK】
ウォークインクローゼットの中で着替えができるのもメリットの一つです。
衣類・バッグ・帽子・アクセサリーなど、身支度一式を収納しておけば、お出かけの準備が一カ所で済んでしまいます。
ただし、ウォークインクローゼット内で着替えたいという場合には、通路部分の幅に注意が必要です(目安として通路には60cm・着替えには80cm必要)。
また、「更衣室」としての機能を重視する場合には、寝室などの内部に設置するのではなく、廊下から直接出入りできる間取りがおススメです。


【子ども部屋にも】
お子さんの部屋にもおすすめです。子供部屋には雑多なものが増えがちですよね。
どこに片づけていいかわからず、ついつい出しっぱなしになることも…
衣類はもちろん、学校の道具や、お稽古グッズなどを一カ所にまとめることで、お子さんが自分で片づける習慣にも繋がり、大きなメリットになります。


【ウォークスルーで機能的な動線に】
「ウォークスルークローゼット」というタイプも注目されています。
これは、出入り口を二つ付けて、通路の役割も備えたクローゼットです。
例えば、廊下と寝室の間や、廊下と物干し場の間をウォークスルークローゼットにする等、間取りを工夫すると機能的な動線を確保できますよ。



以上が、ウォークインクローゼットのメリットです。
次回はデメリットについてご紹介致します。