スタッフBLOG

blog

エコリフォーム ~浴室 その2~

2019年08月05日

こんにちは、工藤工務店です。
5回にわたり、“エコリフォーム”についてお伝えしています。

前回は浴室のユニットバスへの改修について取り上げましたが、
第三回目となる今回は、エコリフォームの「浴室の部分改修」についてです。

全体をユニットバスに取り換える…まではいかなくても、
タイル張りや塗装仕上げ等、在来工法の浴室の一部を改修することも、省エネに繋がります。

省エネにつながる改修の一つ目は、床材の改修です。
タイル貼りの床を、滑りにくくお手入れもしやすい床に改修すると、
安全性が高まり、お掃除に手間がかからなくなる分、洗剤や水を削減できます。
また、定期的なひび割れ等のメンテナンス回数も減りますので、省エネに繋がります。

二つ目は浴槽の改修で、高断熱な浴槽に改修することも省エネに繋がります。
高断熱な浴槽に変えると、お湯の温度が下がりにくくなり、足し湯や追い炊きの回数が減少します。
また、古いお風呂にありがちなのは、浴槽がとても深いというケースです。この場合、またぐ動作が負担となり、転倒やそのまま溺れてしまうような事態にもなりかねません。
それに対し、最近の浴槽はまたぎやすく、また内部の形状も転倒や溺れを避けるような形になっています。さらに、お湯の量も古いタイプに比べると少なくて済むケースも多く、省エネという側面でも、安心という側面でもメリットが多いのではないでしょうか。

このように浴室の部分的な改修であっても、暮らしやすくなる上、
省エネに繋がっていきます。
興味をお持ちの方は、ぜひ一度工藤工務店までご相談ください。

次回は、窓と玄関ドアについてお伝えします。