スタッフBLOG

blog

外壁塗装のベストシーズンとは?

2019年09月10日

こんにちは、工藤工務店です。
さて、前回から引き続き、外壁塗装について紹介していきます。
今回は、外壁塗装のベストシーズンについてです。

●外壁塗装のベストシーズンとは
春、夏、秋、冬、それぞれにメリット・デメリットがありますが、
一般的にベストシーズンは、春と秋と言われています。

◎春:春は気温も暖かくなり、湿度も低いことから、外壁に使う塗料の乾きが早く、また管理しやすいことがその理由です。一方で、春は気候がやや不安定になることも多く、作業期間が長引くことがデメリットですね。

◎蝦夷梅雨:北海道に梅雨はないと言われていますが、蝦夷梅雨と呼ばれ、雨が続く時期は塗装工事には向きません。

◎夏:夏は気温が高くなり、晴れの日も多く、塗料の乾き・伸び共に良いことがメリットです。ただ最近ではゲリラ豪雨など、長雨になる可能性があり、また工事中は窓が開けられなくなる為、北海道でもエアコンがあるお宅でないと工事は厳しいと思います。

◎秋:秋は気温・湿度ともに安定していて、塗料の乾きも良くなります。ただし、秋雨前線や台風の影響で雨になる可能性もあるがデメリットです。

◎冬:北海道の場合、冬は気温も下がりますし、雪・結露・霜が降りる時期には工事ができませんので、作業できる時期はごく僅かな時期に限られてしまいます。

●雨期でも気候を熟知した業者なら行えます!
蝦夷梅雨と呼ばれる雨期には、塗装を避けた方がいいと言われていますが、だからといって塗装ができないということではありません。
雨が多いというだけで、夏に向かって気温も温かくなっており、塗料が乾燥しやすい季節にも入っています。天気にさえ気をつけていれば、雨期でも塗装は行えます。
地域の気象の特性を熟知し、地域密着で長年活動している業者にお願いすることをおススメします。



今回は、外壁塗装のベストシーズンについて取り上げました。
外壁塗装にはそれなりに費用がかかりますので、工事しやすい時期選びも大切ですね。
工藤工務店では、屋根・外壁のリフォーム事例をHPに多数掲載しています。
https://kudo-koumuten.com/works-siding/ 外壁が気になる方は、ぜひ一度工藤工務店までご相談ください。