スタッフBLOG

blog

外壁塗装の色選び

2019年09月25日

こんにちは、工藤工務店です。
外壁塗装について様々な角度から取り上げてきましたが、今回は「色選び」についてです。

外壁工事の業者が決まり、見積りも確認し、いざ色選び…という段階で、色のバリエーションがあまりに豊富で、迷ってしまうお客さまも多くおられます。
塗り替えの場合も「せっかくだから、印象を変えてみたい」という場合には、印象を変えるドキドキ・ワクワクするお気持ちの反面、失敗したらどうしよう…というお気持ちもあるようです。
外壁の塗り替えは、一般的に10年間が目安と言われていますから、後悔すると10年間はそのままになってしまいます(やり直す場合にも別途費用がかかります)。

●後悔しない色選びとは
そこで、外壁の色選びで後悔しない為のステップをご紹介します。

1.写真で撮影してみて方向性を決める
対象物件(ご自宅など)を近隣の建物を含めて写真で撮ってみてください。そこで、客観的に近隣の景観の中で、目立させたいのか・なじませたいのか…等の方向性を決めてください。

2.一緒にお住まいの方やご自身でイメージを言語化
ナチュラルな、落ち着いた、すっきりした、温かみのある等、外壁に求めるイメージを、ご家族やご自身で言語化して共有してみてください。
具体的なイメージにこだわりがない場合でも、「汚れが目立たない方が良い」といったご希望があれば言語化してみてください。

3.イメージの色味を大きめのカラーサンブルで確認
小さなサンブルで確認したときと、壁という大きな面積で確認したときでは、色の印象が大きく異なります。薄い色はより薄く、濃い色はより濃く見えてしまう特徴があります。
その為、イメージの色味が絞られたら、大きめのカラーサンプルで確認するようにして下さい。

4.蛍光灯ではなく太陽光で、時間帯を変えて色確認を
色は光によって印象が変わります。
室内の蛍光灯ではなく、外の太陽光で朝・昼・夜と時間帯を変えて色の確認をしてみて下さい。

5.流行色もチェック
外壁塗装にも流行があります。迷ったときには、過去2年ほどの流行色をチェックしてみると、参考になるのではないでしょうか。

6.カラーシミュレーションや試し塗りも
必要に応じで、カラーシュミレーションや試し塗りを行ってください。

外壁塗装にはそれなりの費用がかかります。後悔しないよう「見た目」も「品質」も信頼できる業者選びが必要です。
工藤工務店では、屋根・外壁のリフォーム事例をHPに多数掲載しています。
https://kudo-koumuten.com/works-siding/
外壁のリフォーム・外壁塗装のご相談は、ぜひ工藤工務店へ!